ロバート・A・ハインライン著作の『月は無慈悲な夜の女王』の紹介です。

発表年度 : 1966年
和書タイトル : 月は無慈悲な夜の女王
原書タイトル : The Moon is a Harsh Mistress

※ 和書あらすじ(書籍紹介欄より引用)
2076年7月4日、圧政に苦しむ月世界植民地は、地球政府に対し独立を宣言した! 流刑地として、また資源豊かな植民地として、月は地球から一方的に搾 取され続けてきた。革命の先頭に立ったのはコンピュータ技術者マニーと、自意識を持つ巨大コンピュータのマイク。だが、一隻の宇宙船も、一発のミサイルも 持たぬ月世界人が、強大な地球に立ち向かうためには……ヒューゴー賞受賞に輝くハインライン渾身の傑作SF巨篇。

※ 原書あらすじ(書籍紹介欄より引用)

In 2075, the Moon is no longer a penal colony. But it is still a prison...

Life isn't easy for the political dissidents and convicts who live in the scattered colonies that make up lunar civilisation. Everything is regulated strictly, efficiently and cheaply by a central supercomputer, HOLMES IV.

When humble technician Mannie O'Kelly-Davis discovers that HOLMES IV has quietly achieved consciousness (and developed a sense of humour), the choice is clear: either report the problem to the authorities... or become friends.

And perhaps overthrow the government while they're at it.

The Moon is a Harsh Mistress has been called Robert A. Heinlein's crowning achievement. His best-known novels include Starship Troopers Mistress and Stranger in a Strange Land.



※ 和書原書ともに Kindle 版の紹介になります。

月は無慈悲な夜の女王
ロバート A ハインライン
早川書房
2013-06-25


The Moon is a Harsh Mistress (English Edition)
Robert A. Heinlein
Hodder & Stoughton
2014-08-14


ではでは。